浴室の寒さとカビ対策に有効な換気暖房乾燥機

お風呂についての悩みとして最も多いのが、冬の寒さとカビの問題ではないでしょうか。
特に一戸建てでは、寒さに凍えながら入浴したり、高齢者の方にとっては、居室との温度差による血圧の急な変化(ヒートショック)を引き起こす危険性もあり、注意が必要です。
また、高温多湿なジメジメした季節には、水あかや石鹸カスなどが原因となってカビの生えやすい環境となるため、マメな掃除が必要となってきます。

どちらも健康面によくない影響を与えますし、せっかくのくつろぎの入浴時間をストレスなく過ごしたいものですね。
そこで、浴室をリフォームされたいとお考えの方に特におすすめしたいのが、バス換(換気暖房乾燥機)を設置されることです。浴室の換気はもちろん、暖房や乾燥などの機能が一台で可能なため、人気のある設備機器です。
冬は入浴前に暖房機能を使えば、浴室内の空気が暖まるので、ヒートショック現象の予防になります。また、蒸し暑い梅雨時などには、乾燥機能を用いればお掃除も楽になり、ランドリーパイプがあればお風呂と同時に洗濯物も乾かせてしまいます。まさに忙しい主婦には嬉しい、一石二鳥の機能ですね。

設置の際には、天井に埋め込むタイプがすっきりとして良いですが、スペースや設置条件が限られている場合には、壁付けのタイプなどもあります。また電気式とガス温水式のものがありますので、設備的なことも含めて、業者さんなどと相談しながらご自宅に合う機種を選ばれるのが良いでしょう。

カビはいたるところで発生する

風呂場の壁の高いところ、天井にカビ生えたところなどどうすればいいのかわからないという悩みを持つ方が多いです。泡タイプなどのカビ取り剤は高い場所に使いずらくて、ローラーはコロコロ転がして漂白剤を塗れますから高いところでも大丈夫。

そして排水溝はとても汚れやすくて風呂は頭、体を洗うためにシャンプーを利用します。人の体から抜けた毛など落ちていって、いろいろな汚れがたまっていきます。こうしたものを放置してしまうと細菌が増えて不衛生となって匂い、つまりのもとになるのです。

そして、排水溝の蓋、トラップなどの取り出せる部品を洗剤付けたスポンジで洗いましょう。このとき細かいところは歯ブラシを利用してみてください。受け皿をすり抜け内部にもゴミがたまり、その時はごみをとってからこすり洗いしましょう。

鏡、蛇口についた白い水垢もありますが、。水に含まれるカルシウム、マグネシウムなどミネラル分が固着したもの。これらはアルカリ性の物質で、賛成の物質と反応して中和されて落しやすくなりますが、一般的家庭用洗剤は中性~アルカリ性が多くて、こすっても取れなかったりします。こうしたとき酸性の洗剤、クエン酸を使って下さい。

ピンク色のぬめりはカビと思われがちですが酵母。水分だけで発生して気を抜いてしまえば増殖してきますが、普通の掃除で簡単に落とせます。1リットルの水に80gの重曹を溶かして沸騰させるだけ。家庭の至るところで発生する黒カビは湿気を好んで結露多いところに発生してきて、浴室は環境的に発生しやすいです。 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 登録されている記事はございません。

ランキング

ランキング

リンク集

ページ上部へ戻る